遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動じない。超一流になる人の心得

動じない。

王貞治氏、広岡達郎氏、藤平信一氏による鼎談を納めた本です。
前2名は、いわずと知れた、プロ野球界の大御所ですが、藤平信一さん?という感じでした。
実はこの方、心身統一合氣道の創始者、藤平光一氏のご子息であり心身統一合氣道の継承者の方でありました。
道場だけでなく、経営者、教育者、アスリートを対象に講演会やワークショップを開催され、活躍されているようです。
そもそも、合氣道の方がなぜ、王さんや広岡さんと?そしてなぜ経営者や教育者に?という疑問が起こります。
合氣道は武道の一つとしてしか私の認識はありませんでしたが、その呼吸法、姿勢、体の動かし方、心の持ちようが、全てのアスリートや、向上心を持つ人に、応用できるといいます。
実際、王さんは一本足打法の習得には、合氣道の呼吸法体の動かし方を取り入れたことが、欠かせなかったといいます。具体的に言いますと、それまでは、力でバットを振っていましたが、静の瞬間を作り、無意識のうちにバットが振れることによって、スピード感が出せるようになったということです。後は、その動きが意識する事なく出来るように練習を重ねたということです。
当時、天才長嶋、努力の人王と並び称されましたが、努力の裏には、こんな秘話があったとは、知りませんでした。

臍下の一点に意識を集中して、そこに貯めた水をこぼさないように動く事が基本のようですが、肝心な臍下一点が具体的にどこかが書かれていませんでしたので、実際に体感する事は出来ませんでしたが、藤平信一氏はアメリカ大リーグのチームの若手育成所でも指導をされているそうなので、世界に認められた合氣道の世界をもう少し知りたくなりました。
次の本のターゲットはこれで決まりです。

心を静める―大事な場面で実力を120%発揮する方法
この本を調べるときわかりましたが、創始者の藤平光一さんはたくさんの本を出されています。
参考に
藤平光一<<アマゾンの検索結果へ
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。