遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スティーブ・ジョブズ偶像復活

スティーブ・ジョブズ-偶像復活

500ページ以上の大作でした。
これまで読んだ、ジョブズ本と違い、ビジネス的教訓を抽出して書かれているのではなく、時系列的にジョブズの半生をつづった、いわば伝記という位置付けになります。
生誕から、05年アイポッド成功で絶頂を極めた後のマックワールド基調講演で、自分の興味が世界の全てだと信じていた男が「アップル社員全員とその家族に感謝する」と、人間的に成長し、コンピューター・映画・音楽の世界を変えた偶像になるまでが書かれています。
経営・ビジョナリーのカリスマとして多く書かれているジョブズですが、本書では、養父母・実母・実妹・認知していない娘・妻・結婚と、ビジネス以外のことに多く焦点をあて、人間スティーブ・ジョブズとして、ジョブズの魅力に一歩近づけたような気になれました。
特に、アップルを追放(職を奪われ自ら辞めた)されてから、復活を果たすまでの、ネクスト・ピクサーの2社を経営し負われる姿は、これまでのカリスマとしてのジョブズの見方が変わりました。なにをやって上手くいかない。製品は素晴らしくとも、価格が高く誰も買わない。一時は、2社につぎ込む資金のため、莫大な資産が底を着きかけたとまで言います。しかし、得意の「大好きな事を諦めずにやり続けた」ことによって、
ネクストのOSを新しいアップルの製品に採用すると言うことから、ネクストはアップルに買収される。と同時にジョブズもアップルに返り咲けたのでした。
ピクサーもディズニーのCGアニメーション映画を作製し成功します。トイストーリーや、バグズライフ等です。IPOにも成功し、底を着きかけた資産はまた、アップルを追放された時以上に戻ったそうです。
ピクサーは知っていても、ジョブズの会社だったと、初めて知りました。
まだまだ、知らないことだらけ、さらにジョブズを読んでいかなくてはならないと思いました。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。