遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スティーブジョブズ驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

私が最初に手にとった、スティーブジョブズ本です。
アップル創業者・CEO程度の知識しかなかった私をすっかりスティーブジョブズの魅力にとりつかさせてしまった本です。
今回、再読です。
訳者のあとがきに、この本は3度読むべきだとし、まず、楽しんで読む、楽しい体験を提供するというジョブズのプレゼンの目的である。次に自分のプレゼンに応用することを考えながら読む。最後に実際にプレゼンを行う際の準備として、本書を活用する。
本文では、3章からなり、ストーリーを作る・体験を提供する・仕上げと練習をする、だれでもスティーブのまねをする事で最高のプレゼンが行えるとしています。
私自身そうプレゼンをする機会などありませんが、副題ー人々を惹きつける18の法則とありますように、プレゼンに限らず、人・人々に対する話し方、朝礼や、業務指示、ちょっとした会話について応用できることが、これでもかと18項目並んでいます。
ストーリーを作るでは、自身を持って語れる強いストーリーがなければ、聴衆を魅了することはできないとし、短いヘッドラインを作り、話の流れの道筋を示しながら、さらに適役を導入し、正義の見方を登場させると、人気アニメさながらのストーリー作りをします。
体験を提供するではおもに、効果的なスライドの作り方や、数字をわかりやすいことに置き換える必要性が言われています。
仕上げと練習をするでは、ジョブズの素晴らしいプレゼンは、何十時間に及ぶ練習の結果成しとげられています。
完璧な練習が完璧な本番が作られ不測の事態にも備えられると言います。
話が苦手な私にとって、自分自身が楽しみ、聞き手も楽しませるという、ジョブズ流が勉強になりました。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。