遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部屋をきれいにする20代は、かならず成功する

部屋をきれいにする20代は、かならず成功する

ほかの思想とそうじ力の違いは、自分を客観的に見つめることを強調している点です。マイナスを取り除くと言う思想と、プラスを引き寄せる思想の両方があると言う点で、非常に優れた思想なのです。何事も行動しなければ、何も変わりません。思想だけで終わらないのがそうじ力です。「物を捨てる」「ほこりを取る」「整理整頓をする」と言う小さな行動かもしれませんが、これらがすべて自己否定から自己肯定へ向かわせてくれるのです。それを実感しながらの「行動→成果→自信→次の行動→成果→自信→次の・・・」という繰り返しが重要なのです。

部屋にはその住人の心が表れます。マイナスな感情を持っている人の部屋は例外なく汚いと言えます。プラスの感情を持っている人の部屋は例外なく綺麗です。
家の中を乱雑にしておくことは、マイナスが引き寄せられる空間を作り出してしまっているのです。空間自体に力があり、同質のものを引き寄せ、増幅させるのです。

そうじ力では、不要なものを捨てるとはいいません。不要なものは必要ないので簡単に捨てられるのです。そうでなく、あくまでも変化するために捨てるのです。捨てられないものとは、あなたの心のえぐれている部分、つまり劣等感なのです。その劣った部分を努力で埋めることによって捨てます。
また、いつか使うものと言うのは、未来に対する逃避、あるいは期待・不安の表れです、これらも捨てましょう。
捨てることによって過去にも未来にも逃げず、現在を生きる力がふつふつとわいてくるので、今が一番楽しくなってくるでしょう。

人は部屋が汚れていると罪悪感を感じ、だめな自分を深層心理に植えつけてしまいます。逆に、きれいにしておくと、誇らしい自分ができてきます。つまり、汚れを取って綺麗にすることが自己肯定そのものなのです。問題に必ず原因があるように、自分の内面の問題にも必ず原因があるのです。その問題の原因を取り除き解決する力は、汚れとりをするうちに身につきます。
自分で選んだものは、すべて自分の心が反映されています。あなた自身の分身といっても過言でありません。自分の部屋や底にあるものが汚れていては、自己否定につながります。

整理整頓することによって、自分を客観的に見ることができます。自分を認識できれば、強みもわかってくるはずです。1つのやるべきことにおいて、必要なものをすぐに取り出し、それに向かって集中する状態を作ることができます。整理整頓がうまくできれば、狙った成果を確実に出せるようになるのです。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。