遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上位20%に入れる人だけが一生成功する

上位20%に入れる人だけが一生成功する ~会社が必要とする人の成功法則~

ある調査では、職場で毎日最も得意なことをする機会があると答える人は20%しかいないという結果があります。しょくばで働く後の人たちは、毎日自分の強みを求められていないと感じている。こんなにも多くの人が、自分の今の職場にあっていることは、残念なことであり、大いなる浪費であると考えられます。
「頑張っているのに結果が出ない」
「なぜ自分だけうまくいかないのか」
「一生懸命仕事に取り組んでいるのに評価されない」
「なぜ自分ばかり怒られるのか」
このような悩みをお持ちの方は、上位20%に入ることで、これらの悩みはすべて解消します。

上位20%のひとが特別に能力が高いとは思いません。80%の人と大差ありませんが、上位20%の人物像はこんな感じです。
1、えこひいきされている
えこひいきされているとは、コミュニケーション能力です。
じょうい20%のひとは、相手に喜んでもらうコミュニケーションをとっています。80%の人は、自分が楽しむコミュニケーションの取り方をしています。
2、選択と集中ができる
選択と集中ができるは、考え方です。
上位20%の人は、変えらることに全力を尽くし、変えられないことに執着しません。80%の人は変えられない過去を後悔したり、変えられない他人を変えようと無駄な努力をしています。
3、忙しいと言わない
忙しいと言わないは、時間の使い方です。
上位20%の人は、仕事でもプライベートでもうまく時間をコントロールしています。80%の人は残念ながら自分を管理できていないから、時間をコントロールできないのです。自分にとって何が必要で、何が必要でないのか。何が大切で、何が必要でないのか。未来に何かをするために、今、どう過ごしたらいいか、わかっていないのです。
4、全力でたばこを買いに行く
全力でたばこを買いに行くは、モチベーションです。
熱意という言葉に置き換えられます。好きな仕事をすれば成功するのではなく、いまの仕事を好きになれば、成功するのです。

上位20%の人は読書好き
1、アウトプットを前提に読む
アウトプットとは話す・書く・行動することです。本で読んだ知識はノートに書いたり、人に話たりすることを意識していると理解が深まります。いざというときに、知識を容易に引き出せます。また、行動することを前提にして読むと、吸収力が違ってきます。
2、良い本は何度も繰り返して読む。
3、目的とテーマを決めて読む
必要な情報がキャチしやすくなります。人間の脳は目的をインプットすると無意識に目的に必要なものを探してくれるからです。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。