遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スタバではグランデを買え 価格と生活の経済学

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学

07年発行と少し古い本なので、実例して上げられている携帯電話の料金プラン等、少し現実にそぐわない部分もありますが、普遍的な経済学としての物の値段の決まり方などが易しく書かれ、勉強になります。
ペットボトルのお茶はどこで買うべきか?
テレビやデジカメの価格がだんだん安くなるのはなぜか?
映画のDVD価格がどんどん下がるのはなぜか?
携帯電話の料金プランはなぜやたらに複雑なのか?
100円ショップの安さの秘密は何か?
などわれわれの身近な生活に焦点を当て、経済が易しく解説されています。
タイトルにもあるスタバではグランデを買えでは、普通のサイズがどの値段でも、Wサイズにすると、100円増しになる料金設定。消費者としては、100円余分に支払う事によって、倍の量が飲めるwサイズはお買い得である、と同時にお店側も、量が倍と言っても原材料費はせいぜい20円くらい上増しされるだけで人件費・家賃等の経費は変わらないのだから、80円余分に利益が出て、お客とお店ともに利益になると言う事です。
後半は、経済格差はなかなか是正されないのはなぜか?
子供医療費の無料化は本当に子育て支援になるのか?
政策面も解説されています。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。