遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一流の話し方二流の話し方

一流の人の話し方 二流の人の話し方 (アスコムBOOKS 16)

話し方の本の中では、よく「沈黙も必要」という話が出てきます。本書では、このような記述になっています。
相手を疲れさせず、話に対する興味をつなぐには、会話に間を設けることが不可欠だ。話し続けるより時に沈黙するほうが、相手が考える時間や納得する時間を与えることになり、話の内容が伝わりやすくなる。また、沈黙は自分が考える時間や相手を観察する時間にもなる。コミュニケーションが苦手という人の多くは、沈黙はマイナスと考えがちだ。会話の途中で言葉を止める勇気がないのだろう。沈黙は、相手の興味を引き付け、会話にある種の緊張感を生み出しもする。沈黙を恐れず、むしろ楽しむくらいの余裕をもってこそ、コミュニケーションはうまくいく。

一番印象に残ったのは『「目」は話し手の心を映す.常に相手の視線をとらえているか』という項目でした。
仕事の打ち合わせ場面での二人の対応の相違を例に出しています。
一人は他の客の出入りの激しい喫茶店にて、著者が、自分の考えや仕事の進め方を話しているのに、他の客が出入りするたびにそちらのほうにちらちら視線を移す相手がいる。見ず知らずの他人に幾度となく視線を向けられると、話の腰を折られた気分になる。「ちゃんとこちらの話を聞いているのか」やる気のなさを感じ取って、そう怒りたくなる。その人の言葉が著しく軽く感じられるのだ。心ここにあらずではないかと疑ってしまう。ありきたりで控えめな言葉であっても、視線をそらさずに語り、こちらの話に真剣に耳を傾けてくれると相手の誠意を感じる。
一方、若い編集者の言葉にカチンときた著者は、彼を激しい言葉を交えながら叱責した。叱責を受けとめる彼の態度に驚いた。「はい。失礼しました」「はい」と何度もその言葉を繰り返しながら、毅然として私の目を正視し続けたのである。見ようによっては、私を睨みつける視線だ。どちらが叱責しているのか。一瞬私は気圧されるように感じた。その後も見事である。私の叱責を一通り受け止めると、まるで何事もなかったように打ち合わせを続け、鋭いプランを提案し続けたのである。なぜか私は敗者のような気分になった。それもすがすがしい敗者の気分である。どんな時もお互いに正視しあう覚悟が必要だ。主張がかみ合わない、同意できない、あるいは叱られたといってすぐに視線をそらしてしまうような会話ばかりの人間関係では、達成できることなどたかが知れている。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。