遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月21日 金環日食


日食とは、月が太陽の前を通過するため、太陽が欠けて見える現象を言います。
中でも、太陽が全て隠れてしまう現象を皆既日食、一部分がかけて見える現象を部分日食と言います。
今回話題になっている金環日食とは、太陽が月の影になり、太陽の外周部だけが、リング状(ドーナツ状)に見えることから、金環(金のリング)日食と呼ばれています。
非常に珍しい現象で次に東京で見れるのは何百年後と言われています。

大変話題になっていますが、日本全国どこでも観測できるというわけではありません。
中心線と呼ばれる(おおよそ日本地図上で鹿児島と東京を結んだ線)線上では太陽の中心に月が来てまん丸のリングが観測できます。
その周辺部にあたる、中心食帯と呼ばれる九州南部・四国・近畿・中部・関東の日本海側の府県を除く大部分では中心からずれるものの、リングが観測できます。
それ以外の地域では、部分日食になります。

観測するに当たり、直接肉眼で太陽を見ないことは言うまでもありませんが、サングラスや色付きの下敷きでも目を傷めますので、必ず観測専用のグラスをご用意ください。我々は子どもの時、色付きの下敷きで太陽観察をしたものですが、いけなかったんですね、さらに上の年代の方によると、ろうそくの煤で下敷きを黒くしたなんって話を聞きましたが、勿論これもいけません。

上のご紹介は、大方が、本とともに観測用グラスもおまけについている商品です。普段接しない天文の世界を垣間見、グラスも付いているという一石二鳥の商品です。ちなみに私はニュートンを買いました。科学雑誌として名が通っていますから、安心感がありました。
グラスだけも多数販売されています。これらは下です。

GWの後の次のイベントという位置付けでしょうか、今週に入って急に売れ出しているようです。
品切れになる前にお早めに、ご用意ください。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。