遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
稲盛和夫 常に明るく前向きに「仕事は楽しく」

稲盛和夫 常に明るく前向きに「仕事は楽しく」

2010年1月、一兆円近くの債務超過に陥り、会社更生法を申請し倒産したJAL。再生を託され会長に就任した稲盛氏は、どうやって2年半あまりの短期間の間に再上場を果たすという成果を出せたのか。JALの社員のインタビューを交え、著者が解き明かしていきます。

常に明るく前向きに「仕事は楽しく」稲盛氏が就任早々に幹部社員を集めた席でそう説いたといいます。現場にも赴き同じ言葉を現場社員にも直接説いたといいます。上場廃止により40万人もの株主に損害を与え、金融機関などには合計5000億円もの債権放棄に応じてもらい、さらに企業再生支援機構から3500億円にも上る公的資金の注入を受け、国民の厳しい目にさらされた、そんな渦中での「仕事は楽しく」である。
一方、税金のドロボーとなじられることも一度や二度でなく、給料は平均3割カットされ、送別が開けないほど退職者が多く出ているそんな現場に「仕事は楽しく」である。

「仕事は楽しく」の真意は何か
仕事を楽しくするためには,仕事を好きになる努力をすることです。好きになる努力とは、今日よりは明日、明日よりは明後日と、次から次へと創意工夫を重ねていくことです。その創意工夫によって成果が上がれば、人間というのは面白いもので楽しくなってきます。そのの仕事が本当に好きになっていきます。
なぜ仕事は楽しくやらなければならないのでしょうか。人生を生きていくうえで仕事は非常に大きなポジションを占めます。厳しい社会の中で一生懸命生きていくには、仕事が苦痛であっては長続きできるはずはありません。だからたとえ好きな仕事に就けなかったとしても、せっかく人生の大半を費やす仕事なのですから、仕事を好きになる努力をして、仕事を楽しくしなければならないのです。そうしなければ人生そのものが失敗になってしまうのです。
同時に仕事は人間性を高めてくれるものです。仕事に打ち込んでいると不平不満を言っている暇はありません。ぶつぶつ文句を言っていたら仕事になりませんから、目の前にある仕事に必死に打ち込むと雑念・妄想を忘れてしまいます。

こうして、稲盛氏は、多くの航空業界のコンサルタントの申し出を断り、独自の「社員の意識改革」という手法でJAL再生を果たしたのです。当たり前の道徳ばかりが書かれた『JALフィロソフィー』。道徳で企業再生ができるわけがないという社内外の見方を見事に裏切ったのです。当たり前のことを知っただけではダメ。勉強しただけではダメ。実行してこそ、『JALフィロソフィー』の意味があるのです。

ちなみ、『JALフィロソフィー』はJALのホームページで公開されています。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。