遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「最高の自分」をつくるプロフェッショナル仕事術

「最高の自分」をつくる プロフェッショナル仕事術

臨床スポーツ心理学者として、プロスポーツ選手のメンタルカウンセラーを務める方が著者です。
トップアスリートの思考・行動パターンを分析し(イチロー選手が多く登場します)、ビジネスにも応用できるとしています。
この10年人間の知能や身体能力は進化していません。それなのにアスリートのパフォーマンスが向上しているのはなぜでしょう。スポーツ科学の向上がアスリートの後押しをしている事には違いありませんが、それだけではなく、むしろ人間の内に秘められた潜在能力の活用の仕方が格段に高まったと、考えるべきです。100m走で金メダルを取るには、天賦の才能も必要かもしれませんが、ビジネスの世界ではそれほどまで運動のセンスが必要というわけではないので、自らの潜在能力を活用し、努力を続ければ、その世界で一流になるのは、あながち夢物語ではないのです。
まずは自分の才能を見つけ出そう
途中で諦めずに信じた道を進もう
集中力の達人になる方法
偉大な想像力はこうして生み出そう
欲望とモチベーション
運とチャンスをつかまえる

以上目次の章立てですが、なかでも偉大な想像力はこうして生み出そうで、学ぶことが多くありました。
天才の共通点はメモ魔であった
自由奔放にノート1ページを埋め尽くす事によってアイデアを生み出すトレーニングだけでなく、脳の束縛を解き放つエクササイズになるということです。
人間は見ようとしたものしか、目に入りません
「目は探しているものを探し出してくれる。但しそれはすでに頭の中に存在するものだ」という格言もあるくらいです。まず固定観念を捨てて、直観力を高めてみましょう。直観力こそ人間の保有する最高の能力です。
直観力は、仕事中でなく、リラックスしたときに生み出される。
仕事にのめり込むほど、難しさが立ちはだかります。うまく行かない事を積み重ねる事がプロの仕事です。限界まで追い込まなければ、新しい発想など生まれてくるはずはありません。
リアルな夢を持ってばモチベーションは上がります。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。