遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100円のコーラを1000円で売る方法

100円のコーラを1000円で売る方法

「もしドラ」や私のブログ「ドラッカーと会計の話しをしよう」のように、物語を追いながら、経営の一端を学べる本です。これから、経営を学ぼうという方には、とっつきやすい仕立てになっています。

今までの私でしたら、100円のコーラを1000円で売るということは、こういうことでした、と書いているところでしたが、あるブロガーの方に「ネタばれ」という概念を教えていただきましたので、そんな、野暮な事はしません。
サービスという目に見えない価値を売っているから、というヒントだけにしておきます。

本書の中心テーマは、カスタマー・マイオピア(顧客が言う事はなんでも引き受ける)からの脱却です。
本来の顧客中心主義から逸脱し、何でも引き受けることによって、同業他社との差別化が難しくなり、価格競争に陥ったり、顧客が望む事として、開発費に必要以上に投資したりして、高品質なのに低収益結果、収益の低下を招いたりするのではなく、顧客の課題に対して、自社ならではの価値を徹底的に考え、実行する事が重要だといいます。
そのためには、まず事業の定義を持つことです。アメリカの鉄道会社はなぜ衰退したか、という例を上げ、自分たちの事業を、輸送業として捉えず、鉄道事業として捉えたため、移動手段や物流手段として、バス・トラック・飛行機に顧客が流れても、気にしなかったからです。自分たちは、お客様のために、良い鉄道事業を提供する事と、事業定義したため、お客の流出に歯止めが利かなかったそうです。
また、化粧品メーカーを例に、片方は化粧品の製造販売を事業とし、片方は、事業をライフスタイルと自己表現、そして夢を売ることとしている場合、どちらが将来性があるかという、問いに、改めて、顧客が望む本当の価値はどこにあるのかを考え直さなくてはいけないと思いました。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。