遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンブリア宮殿 就職ガイド

カンブリア宮殿 就職ガイド――村上龍×73人の経済人

テレビ東京系列で放映されている「カンブリア宮殿」という、作家 村上龍と経済人(企業の社長が多い)との対談番組からの抜粋編です。
テレビ向けということもあり、易しい言葉でご自身の経営理念が語られているところが、この番組本のいいところでしょうか。
特に、就職・転職を考える若い人向けに、企業のトップは何を考え、どんな人材を求めているかを知っておくことは、就職活動において重要な情報になるだろうとし、選ばれた73人の言葉が掲載されています。
チャレンジする、諦めずとにかく続ける、努力を惜しまない、・・・月並みの言葉が並んでいても、著名経営者に言われると、妙に納得してしまうのは、私がミーハーだからでしょうか。

特に、いいなと思った言葉を幾つか紹介します。
セブン&アイの鈴木敏文会長の、「お客様のため」というと自分の経験にもとづいた押し付けになってしまうので「お客様の立場に立って」仕事をしていくんだという事です。 ドラッカーの顧客第一主義の理解に役立ちます。
花王の後藤卓也前会長の、才能がある人はそれを伸ばしていけばいい。だが、多くは平凡な人間。どこにあるかわからない自分探しをするより、会社の夢に自分の夢を合わせる努力をしてみたらどうか。自分には合わないとすぐにやめてしまう人が多く、若者の離職率は上がっているそうですが、そんな場面に出くわしたら言ってみたい言葉です。自分自身が会社の夢をしっかり語れるようになっていなくては、出来ない事ですが。

もっと「カンブリア宮殿」で学びたい方はこちら
      

       


スポンサーサイト
copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。