遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハングリーであれ、愚かであれ。

ハングリーであれ、愚かであれ。―スティーブ・ジョブズ最強脳は不合理に働く

ハングリーであれ、愚かであれ。という書名になっている言葉は、ジョブズが2005年、スタンフォード大学の卒業式における講演の結びに使われた言葉です。講演の概要はこのブログ内のスティーブジョブズ世界を変えた言葉を参照して下さい。私がジョブズの言葉の中で1番好きな言葉として紹介させていただいております。

本書は、ジョブズの奇抜な行動や言動を脳科学に照らし合わせ、その奇抜さも脳科学的には、整合性を持ったものであるとしています。
ジョブズの輝かしい成功も、それ以上に困難な失敗を乗り越え、努力し続けたからこそ得られたものだといいます。さらに大好きなことをし続けたからこそ、とも言います。
最後は、「偉大な仕事をする唯一の方法は、自分がしている事を心から好きになることだ」とやはりスタンフォード大学の卒業式における講演の中の言葉で閉め括っています。


スポンサーサイト
copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。