遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当は儲かるサラリーマンのカラクリ

本当は儲かるサラリーマンのカラクリ

現在、多くのサラリーマンが、仕事や職業生活に関する強い不安、悩みストレスを感じているといいます。原因として最も多く挙げられているのが、職場の人間関係で、仕事の質、量、会社の将来性と続きます。気の合わない連中と我慢して、へとへとになるまで、やりたくもない仕事をしている。たとえがんばったところで将来が安定するのかどうかわからないというなんともやるせない心情を抱きながら働いているサラリーマンが実に多いという悲しい実態が浮き彫りにされたのです。
そのような中、最近よくテレビや書籍などで取り上げられるようになったのがノマドワーキングという言葉です。ノマドとは、遊牧民という意味があり、ノマドワーキングとは、自宅でもなく、オフィスでもなく、カフェや公園えといった場所でノートパソコンやスマートフォンといった通信機器を介して、場所を問わずにに仕事をするというワーキングスタイルのことです。確かに、会社の煩わし人間関係や場所、時間に縛られず、自分ひとりでやりたい仕事をするというのは、前述のような仕事に関する悩みが少なそうで、なんとも魅力的な働き方に思えます。
そして、そのような考えに感化され、自分はこのまま会社にいて良いのだろうか、と今の生活に疑問を覚える方や、ノマドってかっこいいな・・・という気持ちになる方が増えるのもわかります。
しかし、実際のところノマドワーキングに切り替えて、収入をしっかりと確保し、何十年と暮らしていけるかといえば、かなりのリスクがあるように思えます。そして、サラリーマンを辞めることに心を奪われ、もやもやした気持ちを抱え、いやいや仕事をこなすことが、あなたの将来をより危ういものにしているような気がしてなりません。
そんなことを考えている暇があるなら、いまの仕事をいかにうまくこなすかを考えたほうが間違いなく将来のためになります。サラリーマンこそが安心できる未来を勝ち取れる。サラリーマンこそが仕事以外でも楽しい人生を送れると。

素敵なサラリーマンライフを送れるようになるには、まずサラリーマンがいかに素晴らしいのかを知るところからです。より前向きに仕事に取り組めるようになりましし、仕事のやり方も変わってくるはずです。
フリーになっていつお金が入ってくるのかと不安いっぱいで人生を送るよりも、定期的に収入が入っている安心感のもと、会社の業績を伸ばす、もしくはキャリアを積んで自分の希望の収入がもらえる会社へと転職するほうがよっぽど簡単で、安全だと言えます。
個人で働いていてもさまざまな人脈を築くことは可能でしょう。しかし、会社員のほうが、明らかにいろいろな幅広い人たちに会うことができます。会社員だとある程度信頼のおける人物だと相手は思ってくれます。それは、会社への信頼がプラスされるからです。
キャリアアップするために、資格を習得したり講習を受け知識を得たりしようとする人は多くいます。特に転職も含め、現状を打破しようと、いまの会社では必要ないスキルアップに目が行ってしまう傾向があります。確かに、いままでまったく知らない知識を獲得するわけですから、手っ取り早く自分の成長を感じられます。スキルアップしようとする心構えはとても大切ですし、絶えず自分の能力を伸ばしていかないと、会社から必要な人材として認められません。しかし、それだけでは、仕事に役立ちません。新しく得た知識が実践で使われなければ無用の長物です。知識をしっかり使い、経験を積み、実績を残すことで初めて、あなたの能力は他社に評価されます。

こうした利点のあるサラリーマンですが、ただ、会社に行って、なんとなく上司や周りから言われるがまま仕事し、なんとなく帰るというだけではだめです。
あいつになら任せても大丈夫だ。あいつにはいてもららわねば困る。そういわれるような仕事のプロとして周りから認めれれることが必要なのです。
プロのサラリーマンになるべく、プレゼンテーション、接待、人脈作りなど、著者の得意とする分野の方法を教えてくれます。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。