遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決断の条件

決断の条件―マネジメント力を鍛える実践ケース50

本書のあらゆるケースが個別具体的である。かつあらゆるケースが、それぞれの組織全体の活動とかかわりを持ち、ひとり一人の人間とかかわりを持つ。したがって、あらゆるケースが具体的な問題意識とともに、組織の複雑さと人間の複雑さを理解するために読み、論じ、取り組むことができる。(はじめにより)このような前提の下、各項目の最後に、ドラッカーによる「質問」が付されています。更に、翻訳者の方による「一つの視点」という「質問」を考える上でのヒントが書かれています。
それぞれの項目に書かれたケーススタディーについて、理解したつもりでも、いざ「質問」を読むとなかなか、どう答えてよいかわかりません。「一つの視点」考える方向性はわかっても、解答するにはいたりません。自分の勉強不足と、経験不足を思い知らされました。

ゴール管理
ある組織がゴール管理のための「キャッチボール経営」なるものを始めた。まずは、大勢のリーダーを集め、数週間かけ、ゴールの徹底を図ることにした。その結果その一人ひとりが、うちの組織の役割はこれこれだと言えるようになった。それはあたかもキャッチボールを投げているようだった。
「さあ行くぞ、それがゴールだ。そのボールをどうするつもりだ」
「ボールは受け取った。うちが捌く。さあ投げるぞ。そっちはどうするつもりだ。」
あらゆる階層がゴールを理解していた。それどころか、それらのゴールへの自分たちの貢献を知っていた。ゴールを知っているがゆえに、ゴールに正面から取り組んでいた。ゴールを是としていた。組織が本気であることを疑わなかった。ゴールが彼らのものであることも疑わなかった。したがって、ゴールの達成は強く動機付けられていた。こうして、キャッチボール風のコミュニケーションが大きな役割を果たした。関係者全員を巻き込むことによって成果を挙げた。
しかし、ゴール管理だけでは、一応の成果しか挙げられなかった。しかし、組織間の関係マネジメントにおいて突出したプロジェクトが一つあった。
「このプロジェクトでは特にチームワークが重要なので、チーム作りに時間を割きたい。チーム内に信頼関係を確立し、ゴールを決定し、ゴールに誇りを持ち全力を注ぎたい。」と宣言した。さらに事前準備に時間を割き、プロジェクトの理解に勤めさせた。ゴールは何か。仕事はどのように進めるのか。問題が生じたらどう解決するのか。プロジェクトのリーダーたちは、はっきりものを言い続けた。その結果、ゴールは何か、チームはどう動くのか、チーム内の揉め事は多めに見ないことなどついて誤解の余地はなくなった。リーダーたちは、「われわれは一緒に働いている。腕を組んでいる。後ろ向きなことは一切なしにしよう」と言い続けた。その結果生まれたのが最強のチームだった。リーダーたちはルールを定めてチームを動かした。その上で一人ひとりのメンバーに権限を与えた。「これがわれわれにとって大事なことだ」「これがゴールだ」「これが一緒の働き方だ」
こうしてリーダーたちの真剣さ、能力、人柄が、チーム全体にしみこんで行き、やがて驚くほどの成果をもたらしたのだった。

私には、理想ののチームの作り方・仕事の進め方に思えました。しかし、次ページにある「質問」に行くと、良いことばかりではないのではと思いました。

「質問」
ゴール管理のための「キャッチボール経営」の強みと弱みは何か
次の分析をコメントしてほしい。「相手の考えをキャッチし、消化し、次の層へ移す。これがキャッチボール経営」である。こうして組織は縦方向に一体化する。コミュニケーションが行われ、参画と成功の確率を高める。こうして一人ひとりの人間が、自らの仕事と事業全体のかかわりを知る。システム型組織のマネジメントおよび提携のマネジメントの観点から、このキャッチボール経営を評価してほしい。
「一つの視点」
キャッチボール経営は時間と金がかかる。消費財開発プロジェクトにおいてキャッチボール経営が有効であるための条件を考えてほしい。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。