遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルポ日本の縮図に住んでみる

ルポ 日本の縮図に住んでみる

日本経済新聞「こころのページ」に連載したルポ「住んでみるシリーズ」をまとめたものが本書です。
この企画には記者の方の苦悩が原点にあります。

日々、時間に追われていると、取材先で型どおりの質問をして、予想された答えが得られれば、それで良しとしてしまいがちだ。通り一遍の取材からは、いくらこね回したところで、深みのある記事は生まれない。こと日地方出張の際などは、帰りの飛行機の出発時刻に追われて突っ込んだ取材ができずに、結果的に底の浅い記事しか書けず、後で自己嫌悪に陥るようなことがある。

7年ほど前、瀬戸内海に浮かぶ小さな島の寺の住職を訪ねたことがあった。例によって帰りの船の出発時間を気にしながら、質問していたら住職が苦言を呈した。「トンボ帰りの取材では何もつかめないのではないですか。島の実情が知りたかったら、島のリズムに合わせて滞在しないとね」。この言葉が記憶のとげになって脳裏に突き刺さり、時折、痛みとなって頭をもたげることがある。

確かに、住職の言葉は胸に残ります。旅行にしろ、仕事にしろ、家庭生活でさえ、時間に追われると、気もそぞろという印象を相手に与えかねないのだ、改めて考えさせられました。

こうした体験をもとに、1か月というスパンで、日本の社会が抱える問題が凝縮されたような場所に、実際に住んでみるという企画になったということです。

首都東京から最も離れた最西端の島、沖縄県与那国
日雇労働者が住むドヤ街として知られる横浜寿町
不登校や引きこもりの若者が共同生活する奈良県吉野町の自立支援寮
競走馬の産地で都会からの移住者誘致に熱心な北海道浦河町
日系ブラジル人が多く住む愛知県豊田市の保見団地
ハンセン病療養所の岡山県邑久
の6か所の記事があります。

果たして、記者の方の時間に追われるとの対局の住んでみるという試みに成果はあったのでしょうか。
住み始めると不安はすぐに解消した。こちらがよそ者でも、その土地に住んでいることがわかると、気を許して話してくれる人が多かった。しばらく住んでいたら、その土地や施設が抱える深刻な問題が見えてきた。
これこそが、住職の言われた「島のリズムに合わせた滞在」なのでしょう。

意外な副産物もあったようです。
一人で暮らしているうちに、自分自身を見つめなおす機会を得られ、独りで生きて行ける自信のようなものも身に付いたそうです。


スポンサーサイト
copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。