遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決断と再生

決断と再生―中小企業をどん底から救った男たち

実際の中小企業再生の実話を物語風にアレンジして、初心者にも読みやすくした本です。

倒産とは、一般的に通常の経営が維持できなくなり、支払わなくてはならない債務を支払うことが出来なくなった状態を言います。事業が低迷すると、現金収入が減少するため、資金繰りの悪化が懸念されます。財務状況が悪化し、金融機関の支援も得られず、事業の建て直しが自社努力のみでは厳しい場合には倒産手続きを行い、再生に踏み切るのか(民事再生・会社更生法)、会社を整理するのか(破産・特別清算・任意整理)の判断が迫られます。
法的手続きを要するもの(民事再生・会社更生法・破産・特別清算)とそれ以外の(任意整理)があります。

本書では、7つの再生事例が紹介されていますが、各章最後にこの再生がどうして上手くいったのかがまとめられています。再生時に限らず、普段から気を付けておきたい経営のポイントととして読めましたので、列記しておきたいと思います。

社長が欲張らず、再生のため私財を投げ打つほどの覚悟があった(経営者の姿勢)
地場産業としての客観的再生価値があった(存在意義)
本業がキャッシュを生んでいた(経済合理性)
メインバンクと従業員が再生に協力した(利害関係者の協力)

コアコンビタンスとして困難なことを解決する技術力があった
社長の仕事に対する熱意と成功するまでの執着があった。
再建のため私財をなげうちながらも事業を継続してきた
社長に惚れ、支援を惜しみなく与えた専門家がいた

常に時代の流れを読んで、資格習得などで自分の強みを磨いた
周りとの交流を大切にし、見返りを期待せず、相手の立場に立った対応に勤めた
事業や人柄に惹かれた有能な仲間の支援があった

止血を迅速に行い、経営悪化をすばやく食い止めた
主要な取引先・銀行へのコミットメントにより、協力を引き出せた
徹底した組織改革により、全社一丸となって再生に取り組んだ

長い業歴と取引先との信頼関係による事業基盤があったこと
金融機関の信頼を勝ち取り、経営再建のための十分な資金を確保できたこと
社長の魅力と、社長が第三者の意見に耳を傾け、経営改善に対して真剣に取り組んだ事

スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。