遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタの片付け

トヨタの片づけ

トヨタ自動車とリクルートによって設立された㈱OJTソリューションと言う会社による著書です。トヨタ在籍40年以上というベテラン技術者が、トヨタ時代の経験を活かし、コンサルティングを行っているそうです。

トヨタの片付けには5Sと言う考えから成り立っています。
整理ーいるものといらないものを分ける。いらないものは捨てる
整頓ー必要のものを必要なときに、必要なだけ取り出せるようにする
清掃ーきれいに掃除する。日常的に使うものを汚れないようにする
清潔ー整理・整頓・清潔の状態を維持する
しつけー整理・整頓・清潔についてのルールを守らせる

当たり前のことに思われますが、私は机の上山盛り派(恥ずかしい苦笑い)なので、片付けのヒントをもらいました。まず、片付けは仕事の一部として取り組む事です。どうにも整理が付かなくなったときが片付け時だった私の仕事を変えてくれました。帰る前の少しの時間を片付けに当てることで、整理・整頓・清掃ができるようになりました。

いつか使うものには期限を設ける。というのも、参考になりました。このいつか使うだろうと言うのが曲者で、きっと使わないだろうと思うものまで、まずこの選択をしてしまい、すぐ使うものも、いつか使うものもを一緒くたにしてしまっていました。この期限を考えることによって、すぐに捨てる物が増え、すぐ使うもの、そのうち(期限アリ)使うものを区別しておく事によって、何が何処にあるかわからない状態は回避できました。

「百聞は一見にしかず」と言う言葉はご存知かと思いますが、実は続きがあるそうです。
「百見は一考にしかず」いくらたくさん見ても、考えなければ前に進まない。
「百考は一行にしかず」どんなに考えても行動を起こさなければ前には進まない。
「百行は一果にしかず」どんなに行動しても成果を残さなければ成長しない。
仕事とは何かを言い表す最高の言葉だと思いました。
本書では、リーダーが率先して取り組む姿勢を見せなければ、部下は付いていきません。逆にリーダーが本気え取り組む姿勢を見せれば、片付けの習慣が職場に浸透していきます。という文の前に、リーダーのあり方として引用されています。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。