遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
50歳を越えても30代に見える生き方

50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表 (講談社プラスアルファ新書)

アメリカの大学教授の生活習慣と寿命の関係の発表によると、喫煙を続けるだけで6年、35パーセントの体重増加でも同じく6年、寿命が縮まってしまうそうです。独身生活が続くだけでも男性で8年女性で4年も寿命が縮まってしまうそうです。さらには、現代の都市型貧困ー生活が不規則で袋菓子やコンビニ弁当で毎日過ごしている人は10年も寿命が短くなってしまうそうです。これらの自分に当てはまる年数の合計に今の年齢を足した数が、健康年齢というわけです。

ガンやメタボリックなど寿命を縮ませてしまう直接の原因は実は、生活の不摂生を体が自然に修復させようとする機能によると言います。ガンは不摂生で痛んでしまった細胞が、自ら修復できないところまで痛んでしまった後、傷口を修復しようと新たに生まれてくる細胞がガンなのです。
メタボリックは、人類30万年の歴史の中で、飢えに対処するため、脂肪を内臓に溜め込んで生き延びていくという進化の過程で生まれた結果です。ただし、もうこれ以上溜め込むことが出来ないところまできてしまいますと、自然に糖が吸収できないカラダに変わります。これが糖尿病です。不摂生の怖さを教えてくれました。
また、これらは、不摂生を改めることにより、改善します。入院して、薬で治っているかのように思いますが、病院では、不摂生が出来ないので直ると言います。英語で病院を意味するホスピスはもともと修道院という意味で、患者にあたるペイジェントは我慢するという意味です。

これらの不摂生の代表は喫煙と欧米化した食事です。
解決策として、禁煙する。砂糖・塩・脂をとりすぎないこと、完全栄養の摂取(一つまるまる、魚は頭から骨まで、りんごやみかんは皮ごと食べる)し腹6文目を意識した食事をすること。早寝早起き(10時から2時が睡眠のゴールデンタイムといわれているのでそれを生かす)。薄着をして体を内面から温める。たくさん歩くことによって、第2の心臓と呼ばれるふくらはぎの伸縮を利用して血液の循環をよくする(激しい運動は逆効果)。スキンシップや感謝の気持ちを大切にする。(これは、独身生活で寿命が縮まるということの対処です)

それほど難しいことはありませんが(一番難しいのはみかんを皮(オレンジ色の外皮)ごと食べる事か?私の場合喫煙という問題が立ちはだかっていますが)なかなか一つ一つ取り組むとなると相当ハードルが高く思えてしまいます。20歳若返るは一日にして成らずというところでしょうか。
スポンサーサイト
copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。