遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Think Simple

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

シンプルであることは、
複雑である事よりも難しい。
物事をシンプルにするためには、
懸命に努力して思考を明瞭にしなくてはならないからだ。
だが、それだけの価値はある。
なぜなら、ひとたびそこに到達できれば、
山をも動かせるからだ。
ースティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズと彼のNEXT時代から合計12年間一緒に働いていた、広告代理店のクリエイティブ・ディレクターの方が著者です。これまでのスティーブ・ジョブズの本には書かれていない方ですが、ジョブズがアップルに復活してすぐに取り組んだ「ThinkDifferent」キャンペーン作製に参画し、「iMac」を命名した事で、その後のアップルの「i」シリーズを生み出すなど、アップルの復活において重要な役割を果たした人です。
そんな彼が見た、ジョブズの「シンプルの杖」のふりかた、アップルに刻まれたシンプルというDNAを教えてくれます。読者にシンプルな考え方を終始ジョブズのやり方を通しておしえてくれます。シンプルの対照として、複雑なこととしていますが、人や企業は、どうしても複雑の罠に陥りやすい事を教えてくれます。

シンプルはあなたのビジネスに素晴らしい結果をもたらしてくれる。シンプルさは目標ではなく、目標を達成へと導いてくれる光だからだ。アップルは、桁外れに難しいことをしているが、その成功は、シンプルさに対する頑固なまでの忠誠心によるものなのだ。
我々はジョブズにはなれないし、第2のアップルを作ることは出来ません。
しかし、ジョブズのとったシンプルな方法を語ることは、不可解な経営のグルが語る経営手法を語るのとは訳が違い、世界一のビジネスシーンを作ってきたジョブズの手法を語ることは、あなたのビジネスや会社にとって重要な役割を果たすことに違いない。

これまで、ジョブズの本をいろいろ読んで来ましたが、このシンプルという視点に立つと、さらに理解が深まった事でしょう。すべてとは言いませんが、再読の必要性を感じました。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。