遠距離通勤のお供「読書案内」
ビジネス書を巡る2時間20分の冒険
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
稲盛和夫 常に明るく前向きに「仕事は楽しく」

稲盛和夫 常に明るく前向きに「仕事は楽しく」

2010年1月、一兆円近くの債務超過に陥り、会社更生法を申請し倒産したJAL。再生を託され会長に就任した稲盛氏は、どうやって2年半あまりの短期間の間に再上場を果たすという成果を出せたのか。JALの社員のインタビューを交え、著者が解き明かしていきます。

常に明るく前向きに「仕事は楽しく」稲盛氏が就任早々に幹部社員を集めた席でそう説いたといいます。現場にも赴き同じ言葉を現場社員にも直接説いたといいます。上場廃止により40万人もの株主に損害を与え、金融機関などには合計5000億円もの債権放棄に応じてもらい、さらに企業再生支援機構から3500億円にも上る公的資金の注入を受け、国民の厳しい目にさらされた、そんな渦中での「仕事は楽しく」である。
一方、税金のドロボーとなじられることも一度や二度でなく、給料は平均3割カットされ、送別が開けないほど退職者が多く出ているそんな現場に「仕事は楽しく」である。

「仕事は楽しく」の真意は何か
仕事を楽しくするためには,仕事を好きになる努力をすることです。好きになる努力とは、今日よりは明日、明日よりは明後日と、次から次へと創意工夫を重ねていくことです。その創意工夫によって成果が上がれば、人間というのは面白いもので楽しくなってきます。そのの仕事が本当に好きになっていきます。
なぜ仕事は楽しくやらなければならないのでしょうか。人生を生きていくうえで仕事は非常に大きなポジションを占めます。厳しい社会の中で一生懸命生きていくには、仕事が苦痛であっては長続きできるはずはありません。だからたとえ好きな仕事に就けなかったとしても、せっかく人生の大半を費やす仕事なのですから、仕事を好きになる努力をして、仕事を楽しくしなければならないのです。そうしなければ人生そのものが失敗になってしまうのです。
同時に仕事は人間性を高めてくれるものです。仕事に打ち込んでいると不平不満を言っている暇はありません。ぶつぶつ文句を言っていたら仕事になりませんから、目の前にある仕事に必死に打ち込むと雑念・妄想を忘れてしまいます。

こうして、稲盛氏は、多くの航空業界のコンサルタントの申し出を断り、独自の「社員の意識改革」という手法でJAL再生を果たしたのです。当たり前の道徳ばかりが書かれた『JALフィロソフィー』。道徳で企業再生ができるわけがないという社内外の見方を見事に裏切ったのです。当たり前のことを知っただけではダメ。勉強しただけではダメ。実行してこそ、『JALフィロソフィー』の意味があるのです。

ちなみ、『JALフィロソフィー』はJALのホームページで公開されています。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

挑まなければ得られない

挑まなければ、得られない Nothing ventured, nothing gained. (インプレス選書)

著者の方のブログを書籍化した本です。
外資系企業に長く勤められていたと言うことですので、企業の変革のあり方についていろいろなことを教えてくれます。

長く続いていること。今まで成功してきたやり方。疑問も持たずそれらを続ける。それは楽かもしれないが、状況が変化する中では、本当に正しいことなのだろうか。今まで続いてきたからと言うだけの理由で、それを続けることが本当に是なのかは考えてみたほうがいい。ゼロベース思考と言う言葉がある。これまでの前提をとりあえず無視して、全くなかったこととして、考えてみようと言う思考法だ。これこそが今必要なのではないか。

スキームを守ろうと人たちに共通して見られるのが、「先輩から受け継いだものを守る責任がある」と言う発言だ。文化を守る。歴史を守ると言う発言ともオーバーラップする。だが、「変わる」事が当たり前であると言う前提に立って考えると、このような発言は、「時代に合わせて変化する」という責任を放棄しているようにしか見えない。
もちろんバランスは大事である。だが、創業以来続けてきたことなんて、実はたいした事はない。戦前から生き残っている会社など業態を大きく変えているところは珍しくない。バブルを経て、またすごい勢いで少子高齢化になりつつあることを考えると、戦後と同じようなダイナミックさで、いろいろなことにチャレンジするべきだろう。
続けてきたことは立派なことであり、これからも続けていくべきことも多いだろうが、「続けてきた」と言う事実を免罪符のように扱って、思考停止してまうことになっていないかは、考えてみたほうがいい。特に現在ビジネスの現場で、とりあえず続けると言う判断をしている人は、「勝ち逃げ」を狙っている40代、50代世代が多い。彼らは今を静かに暮らしたい人たちなのだ。壊さないのは誰のためでもない、自分のためだったりするのだから、だまされちゃいけない。

周りを見渡しても、やめてもいいのにやめていないものを、いくつも見つけることができる。存在価値は?存在意義は?と、自分たちの業務について自問している人もいる。そんなときはゼロベース思考、つまり今からスタートしたと仮定した時に、それを本当に始めるかどうか考えてみると良い。
続けるのは大変だけれど、やめるのも大変。やめると困る人が少人数でもいる場合は特に大変。失敗したら責任問題になるかもしれない。無難なのはとりあえず続けること。でもこれって本当は、「やめることにより始められる何か」が失われたであろう機会損失を考えると、犯罪的なまでに、やってはいけないことかもしれない。

やめられない理由は、過去の成功体験にとらわれていることなどもあるが、やめるという決断をするのが怖く、それを先延ばしにしているだけの事も多い。
また、一般的に連続性を重視しすぎる人は、明日を生きる人ではない。今の仕組みを変えたくない「静かに暮らしたい」人たちなのだ。暴言を承知で言うと、勝ち逃げを狙っている人たちなのだ。いつか壊れるのがわかっている。だけれども自分が現役の間どうにか持ちこたえられるのならば、それまではだましだましでも続けて生きたい。まさにネズミ講。
ネットメディアへの移行、新しいビジネスモデルの確立。パラダイムがシフトするときには、破壊がつき物だ。痛みを伴う。自分の身だって安泰じゃないかもしれない。総論賛成、でもあとでやってね。こんなことが、そこかしこで見られるようではいけない。
「不連続」への挑戦。これは日本の多くの人が考えなければならないことかもしれない。

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

部屋をきれいにする20代は、かならず成功する

部屋をきれいにする20代は、かならず成功する

ほかの思想とそうじ力の違いは、自分を客観的に見つめることを強調している点です。マイナスを取り除くと言う思想と、プラスを引き寄せる思想の両方があると言う点で、非常に優れた思想なのです。何事も行動しなければ、何も変わりません。思想だけで終わらないのがそうじ力です。「物を捨てる」「ほこりを取る」「整理整頓をする」と言う小さな行動かもしれませんが、これらがすべて自己否定から自己肯定へ向かわせてくれるのです。それを実感しながらの「行動→成果→自信→次の行動→成果→自信→次の・・・」という繰り返しが重要なのです。

部屋にはその住人の心が表れます。マイナスな感情を持っている人の部屋は例外なく汚いと言えます。プラスの感情を持っている人の部屋は例外なく綺麗です。
家の中を乱雑にしておくことは、マイナスが引き寄せられる空間を作り出してしまっているのです。空間自体に力があり、同質のものを引き寄せ、増幅させるのです。

そうじ力では、不要なものを捨てるとはいいません。不要なものは必要ないので簡単に捨てられるのです。そうでなく、あくまでも変化するために捨てるのです。捨てられないものとは、あなたの心のえぐれている部分、つまり劣等感なのです。その劣った部分を努力で埋めることによって捨てます。
また、いつか使うものと言うのは、未来に対する逃避、あるいは期待・不安の表れです、これらも捨てましょう。
捨てることによって過去にも未来にも逃げず、現在を生きる力がふつふつとわいてくるので、今が一番楽しくなってくるでしょう。

人は部屋が汚れていると罪悪感を感じ、だめな自分を深層心理に植えつけてしまいます。逆に、きれいにしておくと、誇らしい自分ができてきます。つまり、汚れを取って綺麗にすることが自己肯定そのものなのです。問題に必ず原因があるように、自分の内面の問題にも必ず原因があるのです。その問題の原因を取り除き解決する力は、汚れとりをするうちに身につきます。
自分で選んだものは、すべて自分の心が反映されています。あなた自身の分身といっても過言でありません。自分の部屋や底にあるものが汚れていては、自己否定につながります。

整理整頓することによって、自分を客観的に見ることができます。自分を認識できれば、強みもわかってくるはずです。1つのやるべきことにおいて、必要なものをすぐに取り出し、それに向かって集中する状態を作ることができます。整理整頓がうまくできれば、狙った成果を確実に出せるようになるのです。

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由

3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由―自由とお金を引き寄せるこれからの人づきあい

ビジネス書の中でも、とりわけひとづきあいに関する本はたくさん出ています。
その多くは、自分が好かれるためにはどうしたらいいのか、苦手な知人と付き合うにはどうしたらいいか、いやな上司と仲良くなっていくためには、どうしたらいいのか、といったことが書かれています。しかし、それらを実行したところで、表面的にはうまくいっている雰囲気は作れても、心の底にはストレスがたまり続けるのです。
さらに、現代社会では、余計な人付き合いが多すぎるので、、それらを切っていくことによって、著者の方の人生は好転していったそうです。
ストレスフリーになり、仕事がどんどんはかどり、また余計な人付き合いを切ることによって、人生で本当に大事な仲間との関係が逆により強くなっていったといいます。

最高に理想的な人間関係とは、長所や弱点を含むすべてをさらけ出しても、それを受け入れて付き合える関係です。それは、共通のビジョンを持っていて、ともにわくわくできるから築ける関係であり、そのビジョンの達成に向かって遠慮なく高めあえる関係でもあります。こういった最高の人と出会うためには、自分を磨くことで、見つけらる人になることです。
最高の人との出会いは自分から求めるのではなく、自分を輝かせることによって、見つけてもらうことなのです。
自分を磨く為には、時間が必要です。この時間を創出しようとすることが、人づきあいを切って自分の時間を作ることの第一歩になるのです。

見つけられる人になる3つのステップを教えてくれます。
1、多くをインプットする。
魅力的な人というのは例外なく話が面白いものです。面白さがどこから生まれるかというと、日々のインプットの量なのです。ただしこれは読書量や勉強量ではありません。本やネットからは得られない実際の経験こそがインプットの際の重要な要素です。日常生活でいろんな体験を積むこと。ただ単に人の話を聞いたり、学んだりするするだけでは不十分です。感じたことを生活に取り入れたり、学んだことを実践することです。なぜなら、あなたが体験したことは、あなたのオリジナルの情報だからです。
2、目に見えるダイナミックな行動を起こす。
多くの人は我慢をして生きていると感じます。失敗したら怖い、こんなことをやったら嫌われる、批判されるんじゃないかと、尻ごみをして行動を起こせない人がなんと多いことでしょうか。人生なんてやったもん勝ち。あなたが行動を起こすと、必要のない人が判明すると同時に、自分に必要な人や応援してくれる人を見つけることができます。
3、魅力的なアウトプットをする。
自分の活動や考えは、どんどん外へ出していったほうがいい。独りよがりの活動からは、何の人間関係も生まれないのです。行動するときと同じように他とは違う魅力のあるやりかとをしましょう。でないと、情報過多に陥っている現代のメディアユーザーたちに目に留めてもらえないからです。インプットしたものをそのままアウトプットするのではなく、「自分」というフィルターを通すこと。ここに「あなたらしさ」というオリジナルが生まれるのです。




テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

ちょっと自分を変えてみる生き方

ちょっと自分を変えてみる生き方

ちょっとした言葉によって、自分を変えるヒントがひらめくことがある。そのひらめきを実行するか、忘れてしまうかによって、人生を大きく左右することさえある。そのヒントを前向きに捕らえて、自分を変えていくプラス発想が、何よりも大切なのだ。世代を問わず、プラス思考のできない人たちの多くは、自分には才能がない、ツキがないなどと、おのれの不運を嘆いてしまうばかりで、諦めてしまう。これでは進歩も成長もない。
遺伝子の研究では、いままでOFFになっていてスイッチが入っていない遺伝子を入れ、遺伝子をONにすることで、今まで考えられなかったような能力を人間は発揮するようになると言うのだ。
それらの研究によれば、遺伝子にはまだまだ隠された能力がたくさんあるらしい。その能力を発揮しないまま、つまり遺伝子のスイッチをOFFで切ったまま、一生を終えるのは、なんともくやしいではないか。遺伝子がONになるきっかけは、環境の変化などにもよるが、ものの考え方、心の持ち方によってスイッチが入ることもあると言う。

やりたいことは「今すぐに始める」
時間とは、ベルトコンベアーで運ばれてくる回転寿司のようなものである。手を出さない人にとってはないも同然。自分で捕まえてはじめて自分のものになる。
「暇になったら絶対やる」と言う人がいる。そういっているうちは絶対にできないと思ったほうがいい。

チャンスボールはすぐに投げ返す。
きちんとした約束ではないが、それとなく依頼されたり、問題提起されることがある。そのとき、そのまま頬っておくのは最悪。なぜなら人はそうやって人はボールを投げて試しているからだ。投げられたボールは受けたらすぐに投げ返さなければならない。チャンスに恵まれないという人は、チャンスに恵まれないのではなく、ボールを返さないでチャンスを逃しているのだ。
「チャンスに出会わない人間など一人もいない。ただそれをつかまなっかったと言うだけだ。(D・カーネギー)

仕事は先送りするな、条件をつけるな
暇になったら、お金ができたら、認めてくれたら、その気になったら、何かをするときなにかと条件をつける人がいる。これは全てを先送りするもので、やればすぐにできることを、一向にしようとしない怠け者の常套句である。もっといえば、こうした言葉を吐く人間は、しばしば「やらない」と公言しているようなものである.。

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

copyright © 2017 遠距離通勤のお供「読書案内」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。